SIMフリーを海外旅行に使う方へ

SIMフリーを海外旅行に使うのはおすすめできます。これまで、日本ではあまり浸透していなかったSIMフリー携帯ですが、2015年にSIMロック解除が義務化されることから、海外旅行者や海外出張者はSIMフリー携帯を便利に使えるようになります。総務省がSIMフリー義務化を発表しているので、今後は、ユーザーが自分に合った料金プランを選べるようになります。海外で自由に携帯電話を使えるようになるのです。日本の携帯は回線する際、2年契約を強いられ、解約しようとすると高い解約金を取られます。日本は通信業界が世界一遅れている国で、今の時代、発展途上国でも当たり前のように、SIMフリー携帯やSIMカードをどこでも購入できます。SIMカードは、どこにでも売っていて、空港、コンビニ、露店、携帯ショップなどで販売しています。ショップなどで店員のいるところで購入すれば、初期設定から開通まで10分程度でやってくれます。SIMフリーを海外旅行に使えるということは、自分に合った料金プランを選べるだけでなく、2年契約という縛りからも解放され、外国人が自由に日本で携帯電話を使えるというメリットもあります。

あなたはSIMフリーのスマホ、携帯を用意し、
現地SIMを購入し、設定。

現地で購入するSIMフリーはもちろん現地語で書かれていますが、
説明文はどの国も同じような内容です。
ショップで購入できれば、スタッフが手伝ってくれる場合があります。

現地で購入するSIMフリーは格安なので
挑戦してみてください。


ただし、現地SIMフリーには下記のようなデメリットがあります。

現地のSIMの有効エリアはその国だけが多い。
これだと、他の国行くときは、また、
その国で現地SIMを購入・設定しないといけない。

電話を受けても費用が発生します。

盗難にあった場合、勝手に使われたりした場合
その分、費用が発生する可能性は大です。

ここでは、様々な国のSIMフリーについての概要をまとめていますので、
ご覧ください。

イギリス
イタリア
インドネシア
オーストラリア
グアム
ドイツ
フィリピン
マレーシア


また、海外旅行や海外出張に便利なtravelsimと言うのがあります。
概要を説明しておきます。

travel simとは、プリペイド型のSIMカードで、海外へ出張、旅行に出かけた際、Webや地図検索などデータ通信や電話を手軽に利用できます。海外で通信費用を賢く節約しながら利用できるのがtravel simです。travel simというのは、simフリースマートフォン向けの3G対応カードで、 simカードをユーザーが用意したフリー端末にセットすることで、通話やデータ通信が使えるようになります。初期費用、通信費用、月額固定費用がかからないのが魅力で、通話料金は、世界130カ国で約26.6円とかなりリーズナブルです。受信通話料は、日本を含むほとんどの国で0円で利用できるので、とても便利です。チャージが無くなっても電話の受信は問題なく使い続けることができ、カードの電話番号は2年に一度更新手続きするだけで維持でます。travel simは、海外での連絡先として利用する価値があり、渡航前にビジネスの相手に自分の電話番号を知らせておくことも可能です。但し、海外の渡航先でtravel sim を利用する場合、購入後でないと電話番号が確定しません。また、ショップでカードを購入する場合や、プリペイドタイプの場合、チャージが必要になった際、外国語がある程度わからないと困ります。

日本に国際電話したり、
イギリス国外でローミングサービスを利用する場合は
「travelsimが便利」

詳しくは、下記で詳細をご確認ください。

海外旅行用SIMカード購入